フラワーデザインコース

結婚式ではじめて目にしたウエディングブーケ。     同じ花でも色や大きさによってまったくちがう顔をみせてくれる。 「わたしもあんなブーケやアレンジメントをつくりたい」 幼い頃からの夢を実現させる気持ちが決まった。

フラワーに関する知識や技術について基礎から学ぶコースです。 フラワーアレンジメント実習では、花で色々表現する力をつけながら、 季節のアレンジメントを制作します。 また花をより美しく見せるために欠かせないラッピングやリボンワークも学びます。

メッセージ  1年 東 茉穂     名古屋市立高杉中学校出身

 

  中学の時、なかなか学校に通えず、毎日携帯とテレビで過ごした 日々。偶然テレビで目にした色とりどりの花。花束やアレンジメントをフラワーデザイナーの方が作っていた中、私が一番心惹かれたものは「ウエディングブーケ」でした。ブーケがどのようにして作られているかも特集していて、ドレスの色やデザイン、花嫁さんの好みなどを聞きながら完成していくブーケを見て「私もいつか誰かを感動させるような作品をつくってみたい」。いままで遠ざかっていた将来の夢について考えるよ うになりました。ただその時はまだなんとなくのイメージでしたが、辛かった時、花の純粋さにとても助けられたのが、なんとなくのイメージから “夢”にかわりました。受験の時、高校では自分が想像しているような花についての学科や実技が学べる学校がなく諦めていたときに、このサ ンデザイン専門学校を知りました。新しく始まるフラワーデザインコースに興味を持ち、体験入学にも参加して色々なアレンジメントを作るうち に、この学校なら自分の夢に少しでも早く近づけると思い入学しました。一年生の間にしっかりと学科・実技ともに基礎を学び身につけま す。また、コースにはデッサンの授業もあります。授業で立体を見て想像する力や絵が描けるようになることを身につけ、相手の希望を聞き、言葉だけではなく絵でも作品を伝える事ができるようにしたいと思います。3年間仲間と共に学校生活を楽しみながら夢に向かって頑張っていきたいと思います。